50歳からの女一人旅 ~温泉つかって極楽極楽♪~

一人旅デビューしました! 温泉ダイスキ50代女子です。このブログは、私の一人旅の記録です。

【今年最初の失敗】常陸出雲大社(ひたちいずもたいしゃ)行ってみたけど 2018年抱負

お正月早々、旦那を置いていくのは可哀そうだと思ってしまったのが失敗の原因ww

 

f:id:monster-cat:20180104105509j:plain

 

正月だからこそ、混んでるくらいの賑やかなところに行きたかったの。

ここは縁結びの神様だから、旅先や仕事関係でも、良いご縁がありますようにってお願いしてきたかったし・・・

 

常陸出雲大社のある道路面の反対側から行ったので、大社への右折は禁止。

先に列を作ってる左折ラインに並びなおさないといけない状態。

でも、たぶん50台くらいだから、待っても1時間程度だと思ったんだけどねぇ(;´∀`)

 

待つことが出来ない旦那が、「無理!!」と言って帰ってきた。

私の車で、全額私もちで、好きな運転まで譲ってあげたのにムリとはなんだぁぁぁぁ!!

 

という事で、今年最初の失敗から学んだこと。

自分が本当に行きたい場所には一人で行くべし!

 

落ち着いたころ、リベンジしちゃるわww

 

 

2018年女一人の温泉旅行はどこに行こうか♪

あけましておめでとうございます。

今年も、時間を作って一人旅に出かけたい私です。

 

f:id:monster-cat:20180101143345j:plain

 

さて、今年の温泉一人旅「行きたいところ」候補は?

肘折温泉

去年行きたいと思っていた湯治の湯。

朝市があるのが行きたい理由なんだけどなぁ^^

 

渋温泉

野猿公苑に近いし、温泉街の街並みがレトロ。

しかも、千と千尋の神隠しのモデルになったともいわれる金具屋さんがあるし・・

高くて泊まれないけど、見るだけでも良いよねぇ^^

でも、遠いなぁww

 

クラブツーリズム

一人旅も一人にしない!みたいなフレーズ、CMでなかった?

日帰りのバス旅に、一度参加してみたいと思ってるの。

週末しかチャレンジできないし、体力的に土曜限定だけど探してみようと思う。

伊豆とか伊東とかも行きたいんだけど、そっち方面って、かなりお値段がww

安くて泉質が良くて、部屋食が私のねらい目なので、高級旅館は望みません。

今年も、東北か北関東になるだろうけど、楽しい旅にしたいな^^

 

ここおススメという温泉があったら、教えて頂けると嬉しです。

 

皆さんも、どうか楽しい一年をお過ごしくださいね♪

 

追記(2018/02/11)

色々な人から情報をいただきました。

群馬県榛名神社福島県東山温泉。埼玉県秩父地方などなど・・

今月は、栃木県四万温泉かまくら祭りに行ってきます^^

 

 

日本ブログ村に登録して、アイコンを貼り始めたけど、自分のブログを懐かしく読み返してしまって、全然進まないww

こんなアイコンを見つけたら、ぽちっとお願いしますね^^

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村  

 

 

女性の一人旅をするなら気を付けたい持ち物

f:id:monster-cat:20171224122335j:plain

 

荷物は少ない方が絶対良い!

 

私の場合は車で行くことが多いのですが、それでも少ないと思います。

普段街中を歩くのと、量的にはたいして変わりません。

一つプラスになるのが、重たいパソコンくらい。。

軽いタブレットにでもすれば尚良いのでしょうが、そのお金があれば旅を

したいと思ってしまうんです(笑)

 

女性の一人旅、何か起きたら・・・と、一応は考えてみるべきです。

その時、逃げられるだけの身軽さが必要。

だから、私はリュックとパソコンバックだけ。

 

ちなみに私のバックの中身はというと・・

・小さな三つ折りのミニ財布に現金とカードを1枚(現金は少額)

・免許証

・車のキー

・文庫本1冊

・スキンケア用品(オールインワンジェルを小さな容器に移し替えたものだけ)

・歯ブラシ(備え付けの固い歯ブラシが嫌いだから)

・着替え(基本はパンツと靴下だけ日にち分)

・メイク用品(bbクリーム・アイブロー・チーク・口紅だけ)

以上、たったこれだけです^^

 

旅館やホテルで、荷物をお持ちしますとか言われるでしょう。

毎回、中居さんが戸惑っているのを見て笑ってます♪

 

もう一つ大切にしていること

荷物は、寝る前にいったんまとめます。

そのまま持って、外に出られる状態にしておきます。

旅館やホテルの火災だって、決してないわけではありませんから。

 

快く送り出してくれた家族に対し、自分が無事に帰宅することが一番のお土産のはず。

だから、一見能天気に見える私も、これくらいは考えています。

 

 

友達と一緒に旅行すると、1泊なのにキャリーバッグを引いてくる大荷物。

ホテルを出るまで、散らかしたままの荷物の数々にイライラすることも(;´∀`)

お土産を入れて帰るために、キャリーバッグをコロコロする人もいますよね。

私は、車で行くのでその心配はあまりありませんが、そうでない交通手段を

使う場合は、1件のお土産屋さんでまとめ買いをして、全部一緒に送ってもらいます。

 

一人旅ならではの危険と、その安全対策をしっかり考えておきましょう。

そういう私も、まだまだですが^^

 

 

 

 

バナナマンの「せっかくグルメ」大子町に行ってきたww

しゃもラーメンが美味しそう♪

大子は、今、りんごが真っ盛りのはず!

という事で、さっそく出かけてきました。

このフットワークの軽さが、一人旅の良いところ(*^^)v

では、今回も時系列でご紹介します。

 

旧上岡小学校へ

f:id:monster-cat:20171126144120j:plain

f:id:monster-cat:20171126144148j:plain

懐かしい二宮尊徳さん♡

f:id:monster-cat:20171126144224j:plain

この日は、学校開校中で、中では書道展が開催されていました。

f:id:monster-cat:20171126144339j:plain

 

下の校舎と上の校舎を繋ぐ階段

f:id:monster-cat:20171126144407j:plain

 

すっごく懐かしい・・昭和レトロな風情。

と思っていたら、NHKの朝ドラ「ひよっこ」の舞台だったそうで(笑)

 

しゃもラーメン

テレビ放映直後ということもあり、お店の前には行列がww

本当に大子駅の正面にありました。

f:id:monster-cat:20171126145010j:plain

 

一見して、白河ラーメンに酷似したスープだけど細麺。

食べると、白河ラーメンよりあっさりして食べやすい♪

しゃもの脂って、こんなにサッパリしているの!?ってくらいなので、麺は細麺で丁度いいかなと・・・(つたない食レポで(;´・ω・)

 

私は、どちらかと言うと小食だと思うんだけど、普通盛りで腹7分目くらい。

大盛も食べれちゃうかもなので、男性には大盛がおススメ。

普通のラーメンが500円。チャーシュー麺が700円。

チャーシューは固くて、余り美味しくなかったけど。。

 

DaigoCafeにも行こうかと思ったけど、激込なので通っただけで断念。

元祖しゃも鍋のお弁当も、行列でした。

 

f:id:monster-cat:20171126145544j:plain

 

この辺りは、駅前有料駐車場があります。

週末なら、近くの大子観光協会の駐車場や、大子駅から道の駅方面に向かうと、右側に無料の臨時駐車場もありました。

 

駅前の機関車・・・珍しくも無いけど、一応撮ってみた(笑)

f:id:monster-cat:20171126150004j:plain

月待の滝

袋田の滝は、あまりにもポピュラーなので、裏見の滝ともいわれる月待の滝へ。

f:id:monster-cat:20171126145911j:plain

裏側から滝を見る人達。

f:id:monster-cat:20171126150044j:plain

 

川の反対側にあるリンゴ園さんでトイレをお借りしたので、リンゴを購入。

絵に描いたようなリンゴの木を撮影(*^^)v

f:id:monster-cat:20171126150158j:plain

 

高見カフェ

大子の佐貫地区は、お茶の名産地でもあり、やぶ北茶の北限。

お茶畑を見ながら帰途についたところ、高見カフェという看板を発見。

山の斜面の広い斜面の一番上に、そのカフェはありました。

 

f:id:monster-cat:20171126150650j:plain

 

この道路、入って行っても大丈夫なの?と恐る恐る入って行った終点。

周りは、お茶畑オンリー。

f:id:monster-cat:20171126150759j:plain

 

メニューは、緑茶+スィーツ(炭酸饅頭orシフォンケーキorババロア)と、紅茶+スィーツ(炭酸饅頭orシフォンケーキorババロア)。どのセットも500円。

ひたすらのどかな場所でした^^

 

1日のんびり楽しんだし、また1週間、頑張るぞ!

 

 

 

 

 

ひとり旅の極意 行く場所を選ぶ方法

f:id:monster-cat:20170907212407j:plain

「一人旅・・・」という本を図書館で見つけたので読んでみた。
20年前の発行なので、情報が古い点もあるけれど、今私が自然にしていることが間違っていないことが分かった。

一人旅の極意とは!?≫
テーマを決めて旅行する

たとえば私の場合・・・・
最初に行った四万温泉では、足湯めぐりがテーマだった。
山形は、日本海に沈む夕日と、くらげの水族館。
新潟は町家めぐり。
塩原は文豪の石碑と吊橋めぐり。

ボーっと旅行をするのが一番ダメな一人旅なんですって。

テレビで観た素朴な漁村の風景を自分の目で見たいと思ったとしたら・・
寂しい風景に女一人がポツンと立つ絵って、怪しいというか危険?な人になっちゃう。

遊園地や家族でにぎわう夏の海岸に出かけたら・・・
一人でいることを強く意識してしまい、楽しさが半減してしまうかも。。

≪一人旅におすすめのスポット≫
美術館・水族館など、一人で満喫できる場所。
スケッチなどが趣味の人は、それを楽しみながら、のんびり時間を過ごすなど
自分が「これなら一人でも大丈夫」と思う場所を厳選すると◎

 

青春18切符を使って、普通電車を乗り継ぐ旅をしても良いし
神社仏閣を回って、数年前から人気の御朱印を集めても良いよね。

ちなみに、青春18切符は、メルカリなどで使い切れなかったものが売られています。
使用期限があるので、注意しましょう。

私は主に車で行くことが多いので、景色の良いところも大好き。
景色の良い道路を選んで走行したり、道の駅には必ず寄ってみたりします。
あとは、自分用旅の記念に栞を買うことが多いかな♪

一人旅に出てみたいと思ったら、勇気を出して1歩踏み出してみて!

きっと、絶対楽しくてはまるからww

私だって、毎回不安だけど・・・でも、また行きたいって思うわ(*^^)v

 

文豪に愛された滝と吊り橋の温泉地塩原一人旅【1泊1万円以下の宿】③

チェックインした宿は、少しくたびれた感じの小さな宿でした。
でも、「女性お一人様歓迎」とあったし、1万円以下だし、夕食部屋出しだし、不満はありません^^
旅館というよりは、民宿に近い対応ですが、入り放題の温泉だし、下手に構われないのでこれもok♪

さて、部屋はこんなこざっぱりした感じです。

f:id:monster-cat:20171109222026j:plain


貴重品入れはありますが、冷蔵庫はありません。
鏡台もないので、朝の身支度には不便かも。。

夕食は、これぞ旅館の食事!的な、見本のようなお膳です(笑)

f:id:monster-cat:20171109222044j:plain



この後は、2度目の温泉に入り、持参した本を読んで過ごしました。
外は台風の雨が本格的になり、騒がしいくらいでした。


朝ごはんも、見事に「これぞ日本旅館の朝食」的な^^

f:id:monster-cat:20171109222109j:plain


夕食でも思いましたが、ご飯(米)が美味しかったです。
これ、とっても大切ですよねぇ♪

こちらが、宿の領収書です。

f:id:monster-cat:20171109222123j:plain


ビール代を差し引けば、しっかり1万円以下の宿ですよ。

朝も、かなり強い雨が降り続いていたので、塩原ものがたり館の与謝野晶子展だけ寄りました。

 

f:id:monster-cat:20171109222246j:plain


昔、中学生のころかなぁ・・・
明治大正時代の文学を授業で習ったときに、与謝野晶子さんにとても感銘したのを覚えています。
日露戦争に向かう弟に対し、「君死にたもうことなかれ」と詠い、反戦論者だと誹謗中傷を受けたり
子供を日本において、ヨーロッパにいる与謝野鉄幹の元に駆けつけるという、当時は類を見なかっただろう情熱。
激しくて強くて優しい女性という印象に憧れたものです。

塩原ものがたり館では、お土産も売っています。
ここで家にだけお土産を買って、帰宅の途に着きました。
それにしても・・・この台風さえ来なければ!!!

文豪に愛された滝と吊り橋の温泉地塩原一人旅【1泊1万円以下の宿】②

では、塩原温泉1日目の続きです。

 

塩原で一番有名な滝と言えば、「竜化の滝(りゅうかのたき)」

3段の滝が、まるで竜が天に昇って行くようだとお付けられた名前です。

途中には、風挙の滝(ふうきょのたき)もあるはずで、楽しみにしていました。

 

f:id:monster-cat:20171104225146j:plain

 

駐車場に車を留めて、いよいよと思ったら・・・

 

f:id:monster-cat:20171104225237j:plain

という事で昇れず、やむなく看板を撮影(;´・ω・)

 

f:id:monster-cat:20171104225337j:plain

 

ルート的に、次は野口雨情の石碑を探します。

石碑も滝も吊り橋も、住所が無いとカーナビ検索も難しい。

有名な橋はそれなりにヒットしますが、塩原の吊り橋も石碑も、自力で探す!

 

ということで、塩原温泉街に入る手前で、道路が上下に分かれます。

進行方向の道路を進むと、ありました!

赤いポストが目印の和泉屋旅館さんです。

 

f:id:monster-cat:20171104225829j:plain

 

f:id:monster-cat:20171104225901j:plain

 

塩原に現存する最後の筒型ポストだそうです。

和泉屋旅館さんの玄関も渋い♪

f:id:monster-cat:20171104230031j:plain

 

なかなか吊り橋が見つかりませんでした。

塩原温泉街方向に進むと、やっと七つ岩吊り橋がありました。

f:id:monster-cat:20171104230312j:plain

 

f:id:monster-cat:20171104230245j:plain

 

ここの駐車場周りには、野生の猿がいました。

野生の猿が平気で道路を渡っている姿に唖然とし、写真が撮れませんでした(笑)

 

このほかにも、福渡不動吊り橋や仙人岩吊り橋、山ゆり吊り橋などがあるはずですが、見つからないまま「塩原ものがたり館」に向かいました。

塩原の吊り橋を制覇したいなら、塩原温泉街便利地図などを先にゲットするのが賢明ですww

今回は、雨が降りそうだったこともあり、ビジターセンターを飛ばしてしまったことが悔やまれます(-"-;A ...アセアセ

 

塩原ものがたり館には、紅の吊り橋があります。

ここで雨が降り始めてしまいましたが、小雨なのでまだまだ台風には負けないぞ!

 

f:id:monster-cat:20171104231133j:plain

 

この橋の先にあるモミジが、真っ赤に染まるそうです。

この時期は、まだ早くて・・・11月2週目あたりが丁度良いそうです。

 

ものがたり館2階にあるカフェレストラン洋燈(ランプ)からの絶景。

f:id:monster-cat:20171104231444j:plain

 

この塩原ものがたり館を挟んで、左に行くと上会津屋旅館さんにある国木田独歩の碑。

玄関前まで入らないとありませんので、チョッとコッソリ忍び込んでみました。

暗すぎて、画像の判別が出来ないため割愛しますww

 

塩原ものがたり館を右に出ると、満寿屋旅館さんにある与謝野晶子・鉄幹夫妻の碑があります。

f:id:monster-cat:20171104232005j:plain

 

そして最後は、湯っぽの里へ。

湯っぽの里は、足湯が楽しめる室内の施設です。

湯っぽの里のホームページはこちらです。

 

ここで、夏目漱石長塚節室生犀星の石碑を探します。

夏目漱石

f:id:monster-cat:20171104232534j:plain

 

長塚節

f:id:monster-cat:20171104232613j:plain

 

室生犀星

f:id:monster-cat:20171104232658j:plain

 

今回の旅では、明治の文豪の石碑を辿るという目標はクリアできました。

でも、なぜ塩原温泉郷に、これだけの文人たちがやってきたのでしょう。

これは、私の私見ですが・・・

 

元々塩原温泉には、御用邸がありました。

天皇家ではなく、皇族の方の別荘ということですが・・・

塩原ものがたり館のあたりにあったという御用邸が、高級な温泉地というイメージを作り上げていたという点。

そして、今は面影さえありませんが、鉄道が塩原温泉の近くまで走っていたという利便性。

別府は別府八湯で有名ですが、塩原は11湯とも言われ、1200年の歴史と6種類の泉質、7色の温泉が他に類を見ない温泉地だからではないでしょうか。

 

塩原温泉の詳しい情報はこちらです。

 

雨が少しずつ強くなってきました。

チェックインの3時になるので、このまま宿に向かいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

文豪に愛された滝と吊り橋の温泉地塩原一人旅【1泊1万円以下の宿】①

私が旅行に出て、「雨」というのは、ここ数年なかったかも。。

自称晴女の面目をつぶす、台風だなんて、あり得ない!

そんな中の塩原温泉一人旅ですww

 

まずはいつものように時系列で♪

最初は、塩原温泉の玄関にある道の駅湯の香塩原で、情報収集。

f:id:monster-cat:20171028215329j:plain

いまが旬の高原大根「塩原大根」が山で売られてました。

f:id:monster-cat:20171028215429j:plain

建物の中では、のどかに昭和のフォークソングなど♪

f:id:monster-cat:20171028215513j:plain

 

ありったけのパンフをもらい、フォークソングに癒されたあとは、いよいよ塩原温泉地へ!

今回の旅の目的は、滝と吊り橋と文豪たちの碑を探すこと。

 

塩原の滝と吊り橋、きれいな写真はこちら

 

【がま石園地】

私が今回撮った画像が、ボケてる気がするんだけど、どう?

最初のスポットは、がま石園地で尾崎紅葉の碑と、回顧の吊り橋(みかえりのつりばし)と回顧の滝です。

入口の紅葉はこんな感じでした。

f:id:monster-cat:20171028221336j:plain

入口の看板はこれ

f:id:monster-cat:20171028221424j:plain

尾崎紅葉の碑

f:id:monster-cat:20171028221509j:plain

尾崎紅葉と言えば「金色夜叉」ですが、その物語に書かれた場所の一つが塩原。

石碑にある分は、「続々金色夜叉」の冒頭の文で、言葉を尽くして塩原の風景を称賛したもので、尾崎紅葉の書籍の中でも、特に名分として名高いもの。

また、尾崎紅葉は、「塩原紀行」という本も出版されている。

 

俥(くるま)を降りて白羽坂を越えてより、回顧橋に三十尺の飛瀑を踏みて、山中の景は始めて奇なり・・・・

 

ここから5分ほど遊歩道を下ると回顧の吊り橋。

f:id:monster-cat:20171028223214j:plain

f:id:monster-cat:20171028223240j:plain

f:id:monster-cat:20171028223303j:plain

 

この橋を渡ると、向こう側に回顧の滝の鑑瀑台があります。

f:id:monster-cat:20171028223428j:plain

f:id:monster-cat:20171028223448j:plain

もう少し紅葉が進むと、もっとコントラストがキレイなんだろうなぁ・・・

 

帰りは、健脚コースの急こう配を上がってみました

f:id:monster-cat:20171028223646j:plain

斜度30度くらい。スキー場でいうと、上級者コースくらい。

膝がガクガクでしたww

 

【留春の吊り橋と滝】

車で移動すること5分くらいで到着したのが留春(りゅうしゅん)の吊り橋と滝。

f:id:monster-cat:20171028224023j:plain

 

駐車場から約10分程度階段を下ります。

さっきの回顧の吊り橋からの健脚コースを登ったことを後悔しつつ・・・

f:id:monster-cat:20171028224155j:plain

f:id:monster-cat:20171028224237j:plain

f:id:monster-cat:20171028224302j:plain

 

昔は、冬の3ヶ月は水が涸れ、春先になると現れた滝だったので、春を留める滝という名がついたそうです。

でも、先週も台風でかなり雨が降り、その影響で豪快な滝を見ることができました。

 

塩原の入り口に、もみじ谷大吊り橋という塩原ダム湖に掛かる橋があります。

でも、人も少なくて、木々に囲まれて雰囲気が最高で、滝まで見られるこちらの滝と吊り橋の方が、数倍も素敵です。

 

ここにあった文学碑は、田山花袋

f:id:monster-cat:20171028225002j:plain

田山花袋は、尾崎紅葉の弟子。

「蒲団」「田舎教師」などを発表し、自然主義派の代表的な作家のひとりです。

 

さて、今日はここまで^^

続きは、文豪に愛された滝と吊り橋の温泉地塩原一人旅【1泊1万円以下の宿】②で^^

入湯税って知ってる? 年間6億以上の入湯税が入る温泉地は?

秋の一人旅が、もう直ぐ・・♪

f:id:monster-cat:20171015120540j:plain

 

ところで、入湯税って何だか知ってますか?

私は、知らないまま「払うもの=税金だから」と思い、払ってはいましたが(-"-;A ...アセアセ

 

温泉のある旅館やホテルに宿泊すると、必ず領収書に記載されている「入湯税

基準値が150円程度なので、普通は文句も言わず払いますよね。

でも、これってどこが徴収している税金で、何に使われているのでしょうか?

 

まずは、入湯税の定義をウィキペディアで調べてみました。

秋の一人旅決定! 塩原温泉郷1万円以下の宿

f:id:monster-cat:20170907212407j:plain

 

さて、2017年秋旅、決めました!

栃木県那須塩原市塩原温泉郷です。

錦秋の塩原温泉郷を歩くツアーに参加したり、文豪に愛された塩原温泉の街中をガイド付きで散策したりする予定です。

 

もちろん今回も1万円以下の宿を見つけました。

それも、女性歓迎とサイトにあるので、嬉しいです。

 

私が予約したお宿はこちらです。

 

御宿明神

f:id:monster-cat:20170909200450p:plain

夕食は部屋食。9500円です。

宿のサイトはこちら。

塩原温泉旅館 | 御宿 明神

 

塩原十一湯(しおばらじゅういっとう)と呼ばれる源泉を持つ塩原温泉郷

B級グルメの塩原ソース焼きそばやトテ焼きも楽しみの一つ。

もう、ワクワク♪