読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

50歳からの女一人旅 ~自由気ままが楽♪~

一人旅デビューしました! 温泉ダイスキ50代女子です。このブログは、私の一人旅の記録です。

女一人旅 岩櫃城址の記録 @真田丸

群馬県四万温泉は、真田丸で放送されている真田の領地の一部でした。

車で1時間も走れば沼田城があり、30分走れば岩櫃城があります。

 

今回は、富岡製糸場によって帰りたかったので

岩櫃城に行ってみる事にしました。

 

 岩櫃城址への山道に入ってから登る事約3km。

やっと着いた、ここが本丸跡かぁと見渡したけど

それらしいものは無く・・・

 

f:id:monster-cat:20160417144735j:plain

 

これは、駐車場出口にあった看板を映したものです。

ここから約20分も登らないと岩櫃城本丸には行けないらしい(>_<)

入口の目印はこれです。

 

f:id:monster-cat:20160417144918j:plain

 

とても登れるような靴では無い私は、退散する事にしました。

 

ここには、真新しい案内所と、木の香りがするトイレがあります。

真田丸の放映に合わせて作られたのでしょうか?

 

そこにいたスタッフの方に、岩櫃山はどれですか?と聞いたところ

ここからは山は見えないと教えられました。

 

岩櫃山として知られる、奇岩山を背にして自然の要害とし

その中腹に立てられたのが、岩櫃城だそうです。

岩櫃山を観たいなら、ここが良いですよと教えて頂いたので

このブログでシャエアしたいと思います。

 

f:id:monster-cat:20160417145234j:plain

 

頂いたパンフレットに印をつけてみました。

コスモスと一緒に写る岩櫃山は、

青く塗りつぶした青〇のあたりから撮ったものだそうです。

一方、覆いかぶさるような岩櫃山を観たいなら、

青で囲んだ古谷登山口がオススメとのこと。

 

ナビで検索すると、富岡製糸場まで30分程度の大回りになる事から

私はそのまま富岡製糸場に向かう道に進みました。

 

でも、天は我を見放さなかった!

富岡製糸場に行くために私が選んだルートが、岩櫃山の横を通る道でした。

 

f:id:monster-cat:20160417145628j:plain

 

f:id:monster-cat:20160417145639j:plain

 

岩櫃山に向けて、一気に勾配があがり、そこに点々と民家があり

畑と桜と木々の風景がとても癒されます。

でも、車を停める場所もなく、それなりに交通量がありますので

車の窓から撮影するだけで諦めました(~_~;)

 

群馬県の山は、妙義山に代表されるように奇岩山が多いようです。

f:id:monster-cat:20160417145913j:plain

 

真田の領地も、こうした奇岩山に囲まれており

佐助のような、いわゆる忍者と言われる人たちも

自然発生的に居たのだろうと言われています。

 

真田丸、私もいまはまっています(笑)

あちこち訪ねてみたいところですが、その最初の場所となりました。