50歳からの女一人旅 ~温泉つかって極楽極楽♪~

一人旅デビューしました! 温泉ダイスキ50代女子です。このブログは、私の一人旅の記録です。

sup(サップ)体験して気が付いた!私はかなり老いているという現実

f:id:monster-cat:20181007095353j:plain

supって知ってますか?スタンドアップパドルの略で、立ったままパドルを漕いでサップボードを操作する遊びです。

 

私が体験したのは、日光中禅寺湖で開催されているサップの初心者コース

です。

 

ここでお詫びですが、この記事は一人旅ではありません。とっても楽しかったので記事にしたくて、迷った末にアップすることにしました。この記事からはカテゴリ分けして「楽しい」をもっともっとアップしたいと思っています。

 

日光中禅寺湖サップへ

我が家からは車で3時間というミドルドライブ的な位置にある中禅寺湖

行った日は雨だったのですが、サップが始まる1時間前には雨も風もやんでいました。

 

一緒に行った会社の友達には、「さすが!晴女!!」と絶賛を受けドヤ顔の私でした。

午後1時からの初心者コースだったので、まずはランチ。

日光金谷ホテルが運営しているレストランに入りました。

 

私が食べたランチはこれ↓

f:id:monster-cat:20181007094948j:plain

生ハムとクリームチーズとオニオンスライスのサンドイッチ。

これにコーヒーをつけて1500円くらいだったかなぁ・・正直高いww

 

時間まで、レストランの正面にあるボートハウスで一休み。

このボートハウスが集合場所で、下の湖岸から出発になります。

 

f:id:monster-cat:20181007095202j:plain

レンタルのウェットスーツに着替えて準備完了。

パドルの使い方などのレクチャーを受けました。

パドルの使いかたは、カナディアンカヌーと同じみたいです。

 

いよいよ中禅寺湖へ漕ぎだすぞ!

最初はボードの上に正座した状態でパドルの使い方に慣れていきます。

何度かカヌーを経験したことのある私には、特に問題なしでした。

しかも、誰よりも早いくらいのスピードでスイスイと(笑)

 

慣れたら膝立になります。

これも問題はありませんでした・・・が・・・

 

膝を立ててパドルを漕ぐとき、太ももの筋肉で身体の位置を固定します。

その筋肉が相当弱かったらしくて(;´∀`)

いよいよ立って漕ぐ段になったとき、膝が笑ってしまって上体をキープできませんでした。

 

考えてみれば、1日歩くのは5000歩から多くても7000歩程度。

運動らしいことも、もう30年近く何もやっていませんでした。

自分は大丈夫という意味のない自信はあったのですが、本当に意味不明な自信だったことに気が付いちゃいました。

 

f:id:monster-cat:20181007100210j:plain

↑一緒に行った友達ですが、何年もジムに通っていてラップダンスとかも踊る楽しい人です。

身体がとっても柔らかくて羨ましいです^^

 

f:id:monster-cat:20181007100356j:plain

 

真ん中の二人は、まだまだ若くて大幹もバッチリ。

上手にパドルを操って立ったまま安定して漕いでました。

 

f:id:monster-cat:20181007100532j:plain

 

上から撮ってもらった画像です。

右側でパドルを上げているのが、インストラクターの嘉代さん。

気さくで楽しい方です。

 

結局沈したのは私だけでした。

でも、ほっぺの筋肉がだるくなるくらい、沢山笑った一日でした。

 

来年は回数券も出す予定があるそうなので、買って一人で特訓しようかと思案中です。

乗れるようになったら、サップボードとパドルを買って老後の趣味にしても良いよね。

まずは自分の筋力を鍛えなきゃ!