読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

50歳からの女一人旅 ~自由気ままが楽♪~

一人旅デビューしました! 温泉ダイスキ50代女子です。このブログは、私の一人旅の記録です。

女一人旅 秋の八丁の湯

一人旅、行ってきました。

友人が一緒に行くはずだったこの旅も、彼女からのキャンセルで

予定通りの「一人旅」になりました。

 

いたるところで、「一人旅って良いなぁ~♪」と思いながら

1泊2日の旅を、思う存分楽しむ事ができました。

 

今回行ったのは、奥鬼怒温泉の一つ、八丁の湯。

 

 

女夫渕市営駐車場に車を置いて、迎えのバスを待ちました。

ここは、栃木県日光市、その最果てとも言える場所。

でも、どこかの街の中かと思わせるような人の多さにビックリ(笑)

 

みんな、秘湯が好きなんだなぁ♪

 

奥鬼怒温泉とは

 鬼怒川の源流の一つ、天井の楽園とも称される奥鬼怒沼。

日本の高層湿原として、とっても知られた場所。

チョッとハードなトレッキングコースを進むと、眼前に広がる48の湖沼群。

 

f:id:monster-cat:20161022234250j:plain

 

f:id:monster-cat:20161022234305j:plain

 

大小の湖沼群が空を写し、一気に開けた場所に到着。

それがハイカーたちには堪らない魅力らしいです。

そして、そんな人たちに宿を提供し、休息の場を提供してきた秘境の宿。

 

f:id:monster-cat:20161022234222j:plain

 

昔・・・私がまだ若かったころは、ランプの湯とも言われていた八丁の湯。

本当は、そのころ行きたかったのだけれど・・・

今では電気も通り、フリーWi-Fiも一部あったりして、チョッとザンネンww

 

私は、トレッキングはしません。

だから、今回は、本当に泊まりに行っただけ(笑)

でも、そんなお客さんも沢山いらっしゃってました。

 

「秘境」という言葉がもたらす、摩訶不思議な現象でしょうか?

実際、関係者以外の車の乗り入れはできません。

川俣温泉の一部ではありますが、一線を画した温泉地でした。

 

関東最後の秘湯なのに人が多すぎww

f:id:monster-cat:20161022234632j:plain

 

迎えのバスを待つ人たちです。

八丁の湯だけではなく、手白沢や加仁湯などからも

頻繁に迎えのバスがやってきます。

 

やっと来た、八丁の湯の迎えのマイクロバス。

f:id:monster-cat:20161022234857j:plain

 

助手席には、なぜかトトロ(笑)

f:id:monster-cat:20161022234930j:plain

 

さぁ!これからこの川の源流近くに入って行きますよん♪

f:id:monster-cat:20161022235013j:plain

 

 

 

秋に一人旅がしたい!と思ったけれど・・・

秋の一人旅、行先を決めるのに2時間以上かかってしまった。

なぜって?・・・一人旅OKとある旅館やホテルでも

希望の日付と人数を入力すると、該当なしになってしまうから。

 

満室なのかと思って、試しに2人といれると

空き室がでてくるのww

つまり、週末の一人旅はお断りのところが多いのかも。

 

やっと見つけたのが奥鬼怒温泉八丁の湯。

車で自宅から2時間程度だし、このあたりの紅葉は毎年10/10前後。

今回は、10/15で予約してみました。

 

行先を探すのに、今回はじゃらんを使ってみました。

こんなクーポンがゲットできるらしい(@_@;)

私は予約対象の日付が違うので、クーポンはゲットならず(>_<)

 

f:id:monster-cat:20160821130003j:plain

 

八丁の湯は、日光連山の山の奥にあります。

女夫淵駐車場からは、車の乗り入れが出来ないので

15:00の迎えのバスに合わせて到着していないとダメ(^^ゞ

 

予約完了のメールから、温泉の説明を抜粋しました。

 

◆温泉
源泉100%自然湧出のかけながし温泉。
神秘的な奥鬼怒の自然に包まれた4種類の露天風呂で
敷地内の8ヶ所で山肌から自然に湧出しています。
その湯量は毎分約220リットル。
天然自噴100%は数ある温泉の中でも数少ない環境です。
名湯と呼ばれる温泉に多い泉質です!
中性低張性高温泉です。
中性のため湯が柔らかで刺激が少ないです。
低張性なので身体への負担も少ないです。
高温泉だからボイラーなどによる追い炊きをしていません。
自然環境抜群です!
昔から薪は倒木などを使用するなど、源泉周辺の自然環境を守る努力をして おります。
周辺はブナやナラなどの森に囲まれています。

 

 

さぁ! 頑張って夏を乗り切ろう!

女一人旅、やってみたいけど・・・と不安がいっぱいのあなたへ

どんなことでも、初めての事は不安ですよね。

一人旅だって、同じように、みんな最初は不安だったはずです。

私も最初は、チョッと心配でした。

 

色々なブログを読んでみると、「一人旅ってミジメかな?」とか

「一人旅って寂しくない?」とか、あなたと同じ不安が書かれています。

 

でも、今回、私は一人旅をしてみて、余りの楽しさに

どっぷり一人旅の魅力にはまってしまいました。

 

ミジメになりたくないから・・・

いつもより、チョッとおしゃれをして

いつもより、チョッとグレードの高い宿の泊まって

そんな風に書いているブログに遭遇して、違うって感じました。

 

それは「一人旅はミジメ」を前提にしているからではないですか?

そうでは無い自分をアピールする必要があるってことでしょう?

一人旅=ミジメというのは、妄想的な不安でしかないと思います。

 

旅は、日常を少しだけ離れたいと思うから出かけるもの。

がんばった自分にご褒美だったり、疲れた自分を癒したりするもの。

なのに、そんなところまで出かけて、他人の目を気にするの?

自分がどう見られているか、そんなに大切なこと?

 

その場所が好きで、行ったみたいと思ったから。

温泉がダイスキで、一人でゆっくり温泉三昧したいから。

そうした「やりたい!」「行きたい!」を、誰にも気兼ねなく出来るのが一人旅です。

 

今回の四万温泉の旅でも、海外から一人旅で来ている女性と知り合いました。

バックパックを背に、四万温泉を隅々まで歩きつくしていましたよ。

でも、颯爽としていてとってもカッコ良かった。

 

1人だからこそ、沢山の人と思う存分話せます。

話したくなければ、黙っている事も出来るんです。

この開放感が堪りませんよ(笑)

 

<h3>一人旅はやっぱり不安というあなたへ</h3>

私は、一人旅に1歩を踏み出した。

だから、それがとっても楽しい事を実感しました。

でも、これからという人は、不安でいっぱいなのは理解できます。

 

そんなあなたには、小さな1歩をオススメします。

①日帰りの一人旅からスタートする

②目的を決めて出発する

 ・テレビで放映されたカフェを目指す

 ・秘湯の湯を守る会に登録された温泉を制覇する

 ・大好きな花を見に行く

  その目的以外は、付録と割り切りましょう

 ・日本100名山に登る

 ・日本の城を訪ねる

 ・桜を追って、その名所に旅する

 目的があれば、心が折れません(笑)

 ちなみに私は、1人旅を受けいれてくれる温泉宿を探す旅です。

③そして、ミジメになるのが不安だったら、宿やおしゃれのグレードを上げましょう

 

でも、一番のオススメは、少しだけ勇気を出して

知らない人に話しかけてみることだと思います。

 

<h3>私の一人旅ポリシーを変更します</h3>

基本的には部屋食が好きです。

ただ、なかなか無いというのも事実。

次の温泉一人旅を計画しつつ宿を探してみると、一人旅の受け入れが少ないww

 

温泉であること。

それが満たされれば、湯治場でもOK♪

それも体験の一つだと思います。

 

時間もお金も無い私は、1泊2日~2泊3日が精いっぱい。

自宅から片道200K前後、車で3時間前後のどちらかで選ぶこと。

さぁ、次をじっくり探してみますね^^

 

 

 

 

 

 

女一人旅 世界文化遺産『富岡製糸場』

世界文化遺産富岡製糸場」に行ってきました。

こうした場所に行くと、必ずガイドをしてくれる人がいて

私は、ずっと生のガイドの声を聞きながら、見学したいって思ってたんです。

 

ガイドさん頼もうよというと、必ず「別に良いよ」と言われ

なかなか実現しなかたのですが、そこは一人旅。

自由にやらせていただきました(笑)

続きを読む

女一人旅 岩櫃城址の記録 @真田丸

群馬県四万温泉は、真田丸で放送されている真田の領地の一部でした。

車で1時間も走れば沼田城があり、30分走れば岩櫃城があります。

 

今回は、富岡製糸場によって帰りたかったので

岩櫃城に行ってみる事にしました。

 

続きを読む

女一人旅 四万温泉の記録 柏屋旅館2度目の夕食

夕食を、外で食べるという選択肢もあったりします。

柏屋旅館さんでは、夕食分に該当する金券をくれるんです。

四万温泉内で使えるんですが、飲みたい私は使えません。

 

だって、四万温泉にはタクシーも代行者も無いんだもん(/_;)

 

続きを読む

女一人旅 四万温泉の記録 自由気ままにぶぅらぶら♪(四万甌穴)

 

 

 

 四万温泉の入り口にある、四万川の甌穴って知ってますか?

前回来た時は、バスと電車の旅だったので、寄る事ができず・・

今回は、自分の車で来たので行ってみました。

続きを読む